匠の麩 麩匠堂
お麩・焼麩なら
おいしい麩
トップページ
お客様の声
美味しいレシピ集
焼麩の製造工程
商品のご案内
お客様への手紙
焼麸の作り方
焼麸の豆知識
麸で健康・キレイに
スタッフ紹介


新登場 生麸まんじゅう
生麸まんじゅう
本物の生麸を使った、さわやかでみずみずしい味わいのお麸屋がつくった生麸まんじゅうです。

店主からあなたへの手紙です

たくさんの美味しい食材や料理があるなかで、麸は主役になれないかもしれません。
しかし、本当に美味しい麸をいったいどれだけの人が口にしたことがあるのでしょうか?

店主 武道からあなたへの手紙です。
ぜひ、お読みください。



誤解その1:麸なんてどれも同じ
 

麸にはこれといった味がなく、存在感が薄いといった印象から、どれを選んでもたいした違いはないと、あなたはお考えではありませんか?

麸はシンプルな食材だけに素材やつくり方によっては、仕上がりにおおきな違いがでてきます。
試しにお手もとにある麸を調理しないで、そのまま食べてみてください。その麸は口どけがよく、ほのかな甘みが感じられますか?

また、その麸はおみそ汁に入れた時、箸でつまむとくずれませんか?
食感はつるりとしてなめらかですか?

 


誤解その2:少しぐらいなら、古くなっても大丈夫
 

食品の美味しさには時間が大きく関係しています。

たとえば、とれたての活きのよい魚を焼き魚にします。
できたての焼き魚が美味しいのは言うまでもありませんが、できてから長時間たってしまった焼き魚を食べても美味しくありません。

麸も同じです。

麸は保存食品なので、時間がたっても品質が落ちないとお考えではないでしょうか?

いいえ、いくらよい素材を使ったとしても、時間の経過とともに少しずつ品質が劣化し、本来の美味しさが失われていきます。

 


麸は鯉のエサ?
 

「麸は食べないし、よく知らない」と言う方、そして「麸は鯉のエサ」などとお考えの方は少なからずいらっしゃいます

これは、この業界にいる者といたしましては、たいへん残念なことですし、同時にこのような状況に責任を感じております。

そこで、あなたに、先人が築き上げてきた伝統食材である麸の美味しさをお伝えするとともに、麸を通してご家族の絆が深まる愉しい食卓と健康を提供したいと考えました。

「本当に美味しいと言われる麸をつくりたい」その思いから味の追求が始まりました。

まずは、原材料の選択です。

麸の原材料は小麦粉、小麦グルテンそして水、これら3つです。
(小麦グルテンとは、小麦粉に水を加えて練った生地を水で洗い流していくと得られる粘り気のある物質で、主成分はたんぱく質です。)

小麦粉は外国産、国内産を問わず、麸づくりに適したものを、 小麦グルテンは純度が高く、弾力と伸びのあるものを、そして、水はミネラルウォーター、アルカリイオン水、海洋深層水などを集めました。

これらの素材を組み合わせ、配合量を調整しながら試作しましたが、これだけでは私の求めているものにはなりませんでした

そこでさらに、生地のかたさを修正したり、再度製法を見直したりと気の遠くなるような時間をかけて試作を繰り返し、ようやく答えを見つけました。

 


匠の麸の美味しさの5つの理由とは・・・?
 
1. 北海道の大地に育まれた小麦粉

生産者限定 減農薬・減化学肥料栽培小麦「特別栽培ホクシン小麦粉」
北海道十勝地方の中央に位置する芽室町の限定農家が国内産小麦の代表ブランドである「ホクシン」を減農薬・減化学肥料栽培した、生産者の顔が見える小麦粉です。
独特な香りとほのかな甘さを持ち、美味しい麸づくりには最適です。

石臼挽き小麦全粒粉
北海道産ホクシン小麦の粒を外皮(ふすま)や胚芽を取り除かず、まるごと石臼でゆっくり挽いて粉にしたものです。

通常の小麦粉にくらべて食物繊維、鉄分・亜鉛などのミネラル、ビタミンをたっぷりと含んだ味わい深い小麦粉です。

北海道産小麦粉を使うのは健康や安全のためだけではなく、美味しさを引きだすために使っています。

私たちがつくるのは、ただ単に国内産であることを追求した麸ではなく、本当の美味しさをめざした麸です。

 
2. 麸のかなめ、小麦グルテン
  麸がふくらむのはこの小麦グルテンのおかげです。

たんぱく質の含有量が豊富な強力粉を原材料とし、白山山系の伏流水で十分に洗いこみました。
純度が高く、そして弾力と伸びがあって、よくふくらむ小麦グルテンです。

小麦グルテンは天候や気温によって状態が変わり、「生きもの」と言われるくらい扱いには神経を使います。

そして、麸の仕上がりの良し悪しは、この小麦グルテンが決めるといっても過言ではありません。
 
3. ナチュラルウォーター
 

立山玉殿の湧水(採水地:富山県立山室堂 標高2,450m)
軟水 硬度17mg/L・微酸性 PH6.7

立山の万年雪が約300年の永い歳月をかけて、ゆっくりと自然にろ過されながら地層のミネラルをほどよく取りこんで湧出した、やわらかく、まろやかな水です。

美味しい麸づくりには軟水が適しています。硬水ではそれに含まれるカルシウムが小麦のでんぷんと結合して、麸の食感がかたくなってしまいます。

 
4. 美味しさの決めては手づくりです。
 

素材の持ち味を引きだすには、毎日の天候や気温によって変化する素材の状態を職人の感性と経験で見極め、その日に合わせてつくり方を調整していかなければなりません。

機械製法では素材の選択や生地の状態、そして本来の工程までも機械の都合に合わせる必要があります。
そうしないと、まともな製品にならないからです。

しかし、私たちは素材や生地の状態、火加減など、一つひとつ対話しながら仕上げていきます。

もうもうと湯気が立ちこむ、30℃を超える工房の中、6時間半、職人は麸を焼いています。そこには伝統を受け継ぐ者の強さがあります。

素材と製法そして職人の技術、この3つがうまく重なり合ってはじめて美味しい麸になります。

 


最後にお伝えしたいこと
 

私たちは「本当に美味しい麸をつくりあなたに喜んでいただきたい、そして麸の存在価値を高めたい」という信念を持って取り組んでおります。

利益や生産効率を重視して、原材料費を減らし、手間を省いて妥協された安い商品や、華やかな色彩で細工を施した、いわゆる高級品をつくるのが私たちの仕事ではありません。

そのような商品がほしい方はどうかよそでお求めください。

本当に美味しいものが大好きな方、ご家族みんなで愉しく食事をされている方、そんな方こそ私たちのお客様になってください。

私たちのつくった麸がきっかけで、会話が弾み、笑顔あふれる和やかな食卓になれば、また親から子へとご家庭の味を伝え、記憶に残る味になれば、なにより嬉しく思います。

食べることはご家庭の喜びであり、幸せでなくてはなりません。
私たちにそのお手伝いをさせてください。

追伸
これは、あるお客様が言ってくださった言葉です。私は本当に嬉しかった。
この仕事を愚直に、でも一生懸命にやってきてよかった!そう思える瞬間です。

「美味しかったよ、ありがとう」
この言葉を聞きたくて、職人一同、スタッフ一同、毎日がんばっています。

 

ただいま商品の受注は休止しておりますが、お問い合せ等はメールで承っております

 

 
 
 
  (C)2007-2011. Fushodo. All rights reserved.
〒939-2376 富山県富山市八尾町福島262
TEL:076-455-2148 / FAX:076-455-2149